無利息 キャッシング

無利息キャッシング業者のメリットは?

無利息キャッシングのサービスは普通の融資と変わらない金利や限度額のキャッシングでありながら期間中無利息で利用できるなど、利用する側にはメリットしか無いといえるほど大変オトクなサービスです。しかし、業者側は本来であれば入ってくるはずの利息を業者側で負担している形になるわけです。業者側に何のメリットも無いような無利息キャッシングですが、業者側がこのサービスを行うことで得られるものってなんなのでしょうか。

 

そもそも、キャッシング業者などの金融機関はお金を貸すことで発生する利息収入によって会社の経営が成り立っています。消費者金融などは特にCMや吊り広告などの宣伝費もかなりかけていますし他にも店舗の費用や人件費など経営には様々な経費がかかりますよね。こうした経費もほぼ全て利息収入でまかなっているのです。

 

では、大切な収入源である利息収入を負担してまで、無利息キャッシングサービスを提供しているのはなぜなんでしょうか。それは、会員を集めるためです。無利息サービスは人をより多く集めるための一つの手段であり、何でもいいので一度契約をして利用してもらうことのほうが多少の利息を負担するよりも重要と考えているからです。

 

仮にお試し感覚で無利息キャッシングを利用したとします。無利息期間が終わり、お金も完済して利用が終了しますよね。でもその後はどうでしょうか?もし、手元にカードがあれば、便利だなと思ってまた使うのではないでしょうか。貸し倒れのリスクもあるわけですし利息も入らないというデメリットばかりの中、こうしたサービスの提供は業者としてかなり覚悟のいることです。無利息キャッシング業者のメリットはただただ「また利用してくれるかも」というリピーターを増やすこと、この1点なのです。

 

参考サイト・・・総量規制で借りられない

旦那が消費者金融を利用していた!何かあったときには妻が返済すべきか?

「旦那が家族に内緒で消費者金融を利用していた。」実によくある話です。最近では主婦のレディースローン利用も増えてきていますが、今でもこのパターンが多いのではないでしょうか。内緒で消費者金融を利用していてもきちんと返済できていれば、ある程度のショックはあれどそれほど大きな問題ではありません。問題はその返済が出来なくなったときです。

 

夫の借金をその他の家族、特に妻が返済するというのはよく聞く話です。しかし、借金の返済は借りた当人の責任であり、妻や子供、親兄弟は連帯保証人にでもなっていない限り返済する義務は基本的にはありません。また、連帯保証人になっていても、夫や妻が勝手に配偶者を連帯保証人にしたてあげていた場合は、返済義務は発生しません。

 

基本的にはありませんが、返済義務が発生するケースはあります。それは、その借金が生活必需品や日常生活で必要な物に使っていた場合です。例えば食料品、電気代やガス代、家族の衣料品などに使っていると連帯保証人になっていなくても返済しなくてはならなくなります。とはいえ、家族に内緒で借金するほとんどのケースでは自分の娯楽に利用している事が多いので、そういう場合は返済義務は発生しません。

 

借金をしていた当人が亡くなってしまった場合は、相続財産を放棄すれば借金の返済義務もなくなりますが、借金が住宅ローンであった場合は団信に加入している事が多く、当人が死亡しても保険金からローンが返済されるため、放棄する必要がない場合もあります。

レイクの便利なネット申し込み

新生銀行のカードローンレイクは、インターネットからの申し込みが大変便利です。審査の前に、審査シュミレーションを受ける事も出来るので、審査に不安な人も「融資が受けられるかどどうか」チェックする事が出来ます。もし、融資可能と出た場合は、続けて本審査に申し込んでみましょう。万が一、シュミレーションで「融資が難しい」という判定が出ても、心配は無用です。

 

レイク増額申し込み者の中には、シュミレーションでNOと言われたにも関わらず、本審査を軽くクリアした人たちも多数存在するのです。まずは、どのような結果が出たとしても、本審査に申し込んでみましょう。インターネットでは、必要事項を入力し、本人確認書類をすべてオンラインでアップロード(提出)する事が出来るので便利です。書類はスマートフォンや携帯のカメラ機能、デジカメ、パソコンのスキャナで取り込む事が出来ます。もちろん、収入証明書が必要な場合も同様です。わざわざコピーを用意する必要が無いので、すぐに申請を済ます事が出来ます。

 

もちろん、カメラ機能が使えない方はファックスや郵送でも書類を提出する事が出来ます。それぞれのライフスタイルに合わせて、申請方法を選んでみて下さい。ネットから申し込みをした場合、最短その日のうちに融資を受け取る事が出来ます。出来れば、ネットバンクの口座を準備しておくと良いでしょう。その場合、即時振込が完了出来るので、銀行の営業時間を気にせず、取引を済ませる事が出来るのでおススメです。

無利息期間があるキャッシング

無利息期間があると聞くと、「やったー、ここで借りてしまおう。」と簡単に決めてしまいそうになりますよね。たしかに、無利息期間があるとその期間は利息を払わなくてよいわけです。お得です。当たり前ですが。

 

しかし、自分のキャッシングの利用法をどのようにしようと計画しているか、これが本当は重要なポイントであって無利息期間はあくまで付属のサービスと受け止めておいたほうがよいでしょう。

 

一回限り、無利息期間内に絶対に返済してしまう、もう二度と利用することはない、これなら無利息期間があるところを最優先して選んで利用するのも悪くありません。しかし、このお金借りるキャッシングというもの、とかく便利にできていて一度使った人はその便利さにずっと使いたくなるようになってしまうのです。キャッシング会社側も、新しい利用者の獲得のためのサービスとして積極的に取り入れているのはそこに理由があるのです。それがいけないことではありません。自分のお金の計画をアシストするものとして、上手に使えば何ら問題はないのです。

 

自分のこれまでのお金の計画を振り返ってみて、少しでも「また後で使いたくなるかもしれないな。」と考えたのなら無利息期間を最優先してキャッシング先を決めるのではなく、無利息期間後の金利を比較して選ぶ必要があるのではないでしょうか。

 

無利息期間となっておらず、後で利息分をキャッシュバックする、といったキャンペーンを行っているキャッシングやローンもあります。目先のことにとらわれず長期的なスパンで借り入れ先を選ぶことをお勧めします。